第3回美人画研究会・公開Zoomミーティング 開催しました!

8月21日(日)20:00から、第3回の公開Zoomミーティングを開催いたしました。
テーマは「美人画アラカルトの内容と反省・課題」「席描きで美人画を描くコツは?」の2本立てです。

 パート1は、美人画研究会の有志6名が7月に参加したマルイ有楽町店での展示販売会の報告と感想を話し合いました。マルイ7階の売り場を使った広いスペースに、招待アーティスト6名の美人画と一緒に作品を展示でき、クリエイターそれぞれの美人画表現をゆっくり見ることができて良かったということが、城戸崎雅崇さんをはじめ参加者・来訪者共通の感想でした。
 井手晴海さんが会場の様子をムービーにまとめてくださったので、皆でそれを見ながらマルイでの7日間を追体験しました。

 開催期間中に同時に行った「あなたの美人画描きます!」という席描きコーナーがあることで、場が盛り上がり楽しい展覧会にできた半面、名前の売れていない作家が絵を販売することは難しい、販売可能な価格やサイズを検討する必要があるという反省もありました。
 「席描き」はキャリア30年の似顔絵作家・吉村眞由美さんの提案で実施し、斎藤忍さん、宇田川のり子さんを含めた似顔絵作家さん3人と、美人画研究会クリエイティブ会を主催する松永伸子の合計4人が交代で美人画席描きを行いました。私は目の前にいる方を15分で色紙に描くということ自体が初めてのチャレンジでしたが、受け取ってくださった方の顔が笑顔になり喜んでくださることがとても嬉しく、吉村さんの手際よさなども見習いながらたくさんの方を描かせていただくことができ、とても楽しかったです。
 似顔絵は描く人の顔の特徴を誇張して描き、欠点を探すようなこともありますが、美人画に描く際には全く逆になるため、似顔絵作家さん達にとっても良いチャレンジになったそうです。
 顔を描かせていただいた麻生りり子さんからは、席描きは臨場感があり立体的、描かれる者も緊張するけれど、きれいに描いてもらって嬉しかったと話してくださいました。
 パート2では、斎藤忍さんに美人似顔絵に仕上げるコツ」のスライドを見せていただきました。斎藤さんは席描きはZoomでも可能かどうかを検証したムービーを、顔学会会長の菅沼薫さんのご協力で作成され、さらにYouTubeにもアップしてくださり、事前に私(松永)も検証に参加させていただので、今回はその結果発表となりました。
 結果としては、Zoomではスピーカービューにして描かれる人にしゃべってもらうこと、美人画的なポーズや表情を作ってもらうと良い、さらにYouTube にすることで時間制約なく描くことができるうえ、静止画にして描く際にも立体感のある残像が頭に残っているので、写真から描くより臨場感のある絵が描けるということになりました。
 ご協力いただいた菅沼さんからは、「ステキに描いてもらえるのはズルいと夫に言われたが、美人画を描く作家ごとに「美」の定義があるのだろうなと感じた」という感想をいただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※「美人画アラカルト」展示参加者 
 城戸崎雅崇さん、斎藤忍さん、井手晴海さん、吉村眞由美さん、宇田川のり子さん、松永伸子の6名(以上美人画研究会)
 招待作家:今福優子さん、太田あずささん、横山沙季さん、如月雫雪さん、ほさかまさとしさん、佐藤浩之さん

 協力:東観崎繚さん

以上13名でした。 


畑江麻里の初心者でも楽しめる浮世絵講座

第3回開催しました!
今回は「江戸の旅」をテーマに、北斎や広重を中心に名所絵を楽しく読み解きます!

また、江戸のアイドル「笠森お仙」を取り上げて、浮世絵美人の面白さをお話しいたします。会場では畑江所蔵の浮世絵コレクションもご覧ください‼

日時:2022年6月26日(日)14:00~16:00
Zoom: 2022年7月10日、24日 開催いたしました。